FAGA(女性男性型脱毛症)とは | 女性の薄毛対策ラボ

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

女性の薄毛
FAGA(女性男性型脱毛症)とは

「AGA(男性型脱毛症)」は男性の薄毛の症状として有名です。しかし、実は女性もAGAと症状が似ている、「FAGA(女性男性型脱毛症)」を発症する可能性があります。最近は国内で300~600万人の女性が薄毛に悩んでいるという調査結果も出ているため、油断は禁物です。

今回はFAGAの症状や治療方法について紹介するので、「髪が薄くなった」と感じている人は是非参考にしてください。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

男性に発症する「AGA(男性型脱毛症)」は男性ホルモンが関与して、薄毛を進行させます。AGAとメカニズムは似ていますが、症状に若干の違いが見られるのが「FAGA(女性男性型脱毛症)」です。男性と女性で違いを明確にするために、名称が異なっています。

AGAは頭頂部や生え際が薄くなり、次第に頭皮全体が薄毛になります。一方のFAGAは髪全体が細くなって、ボリュームが減ったと感じる人が多いです。髪全体が薄くなることから、FAGAは「びまん性脱毛症」と呼ばれることもあります。

髪の根元にある毛母細胞は、細胞分裂を繰り返して髪を成長させる部分です。細胞分裂に必要な栄養を送っているのが、毛乳頭となります。髪の毛は毛母細胞や毛乳頭が働くことによって成長しているのです。しかし、男性ホルモンの「テストステロン」が毛乳頭に入り込むと、「5αリダクターゼ酵素」と結び付いて「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されます。DHTが毛母細胞に入ると活動量が低下して、細胞分裂が行われなくなります。DHTが生成されて髪の成長を妨げることで、AGAやFAGAを発症するという流れです。

また、細胞分裂の回数が減ると、毛周期の乱れを引き起こします。髪の毛は休止期・退行期・成長期を繰り返すことで、新しい髪を作っています。毛周期が乱れると髪が成長する前に抜けてしまうため、髪の量が減ってFAGAを発症するケースも多くあります。つまり、DHTの生成は髪の成長を邪魔するだけではなく、抜け毛を促す効果もあることを意味します。

FAGA(女性男性型脱毛症)の主な原因とは

メカニズムを見た時に「FAGA(女性男性型脱毛症)は男性ホルモンによって引き起こされるのに、どうして女性に発症するの?」と感じた人も多いでしょう。

実は女性にも微量ではありますが、男性ホルモンが分泌されています。女性ホルモンが活発に分泌されている若い女性なら、テストステロン濃度は男性の約20分の1と言われています。男性よりテストステロンの量が少ないため、薄毛に与える効果は小さいです。

さらに、女性ホルモンの「エストロゲン」は男性ホルモンと違って、髪の成長を促す効果があります。女性はエストロゲンが一定量分泌されているため、FAGAで髪が全てなくなることはありません。テストステロン濃度が高くなっても女性ホルモンがあるので、薄毛が緩やかに進行することがFAGAの特徴です。ただし、女性ホルモンは年を取るにつれて分泌量が低下していきます。35~40歳以降に分泌量が低下し、テストステロン濃度が高まりやすいです。女性ホルモンが減ると男性ホルモンの影響を受けやすい体になるため、女性ホルモンの減少がFAGAの主な原因となります。

髪を成長させるには女性ホルモンが必要不可欠なので、ホルモンバランスの乱れを防ぐことも重要です。ダイエット・ストレス・不健康な生活習慣は、ホルモンバランスを乱す代表的な例として挙げられます。

これらの原因を把握しておけば、FAGAの発症を未然に防ぐことができます。また、女性は妊娠・出産・生理の時期にホルモンバランスが乱れやすいです。特に出産直後は一時的に抜け毛が増えるケースもあるため、普段以上にFAGAに注意する必要があります。

FAGA(女性男性型脱毛症)の症状の3パターン

FAGA(女性男性型脱毛症)は進行レベルによって、1型・2型・3型の3種類に分類されます。

「1型」は髪1本1本が細く、髪全体が薄くなった状態です。FAGAは進行型の薄毛なので、適切な治療を施さないと徐々に症状が広がっていきます。1型はFAGAの初期段階と考えれば、分かりやすいでしょう。この段階で治療すれば、高い効果を得られる可能性が高いです。FAGAは頭頂部や頭頂部の分け目から発症するケースが多いため、自分の頭皮をチェックしてみてください。

1型に気付かないまま「2型」に進行すると、薄毛の部分が大きくなります。髪全体が薄くなっている1型は気付きにくいものの、2型になれば薄毛箇所が分かりやすいです。人間は1日に100本程度髪が抜けますが、明らかにそれ以上抜けている場合はFAGAが進行しているかもしれません。

「3型」になると薄毛がさらに進行して、地肌が露わになります。他の人から見ても薄毛であることが分かるため、他人に指摘されて3型でFAGAに気付く人も多いです。3型を放置すると薄毛部分は広がりますが、先程述べたように髪全体が抜けることはありません。しかし、FAGAを発症していない女性と比べれば、髪の量に大きな違いが見られます。

症状の3パターンはあくまでも目安として設定されているので「1型だから大丈夫」と自己判断せず、早めに医師の診断を受けるのが得策です。

FAGA(女性男性型脱毛症)には早期治療が必要

FAGA(女性男性型脱毛症)は治療を怠ると薄毛が進行していくため、早い段階で治療することが大切です。薄毛箇所が小さいと簡単な治療で済み、スピーディーに解決する・治療費が安いといったメリットがあります。

治療が遅れると髪全体が薄くなって、頭皮が紫外線にさらされることになります。頭皮に大きなダメージを与えた場合、毛母細胞が消滅するかもしれません。毛母細胞が機能を停止するまで放置すればFAGAの改善が難しくなるため、早期治療が重視されています。

初期段階であればセルフケアでFAGAが改善するケースもあり、やはり早く治療することが重要と言えるでしょう。成長ホルモンが最も多く分泌される22時~2時には必ず眠る、適度な運動をして血流を促進させる、パーマやカラーリングといったヘアケアを少なくするのがセルフケアの代表的な例です。

誰でも簡単にできることばかりなので、費用をかけずにFAGAを改善したい人は早めに治療する必要があります。

血流悪化から発症する冷え性や肩こり、ホルモンバランスが乱れている時に起こる生理不順に悩んでいる人はFAGAを発症しやすいのも特徴です。その他、子供が一人暮らしを始めた・配偶者に先立たれた・転職や退職をしたなどの理由から、生活環境に変化があった時もストレスを抱えてFAGAの発症に繋がります。

髪や頭皮をこまめにチェックすることは勿論ですが、体の異常や環境の変化からFAGAを疑うことが大切です。さまざまな要素からFAGAの発症に気付けば、早期治療の可能性が高まります。

FAGA(女性男性型脱毛症)の治療方法とは

FAGA(女性男性型脱毛症)が初期段階であれば、医師の指示に従って生活習慣を正すことが有効な治療方法と成り得ます。女性ホルモンが減少している、または乱れている原因を突き止めて生活習慣を改善していきます。

喫煙は血管を収縮させて血流が悪化し、飲酒は肝臓に負担を与えてタンパク質の生成に悪影響を及ぼします。体に悪い喫煙や飲酒を控えることも、立派な治療となるのです。その他にストレス発散方法や紫外線予防に関して、アドバイスを受けることがあります。

セルフケアで対処できない場合は、専門的な処置を施します。内服薬は体内からFAGAにアプローチできるため、高い効果を発揮することが特徴です。ただし、男性専用の薬もあるので、必ず女性用の薬を服用してください。

外用薬は頭皮に薬を塗って、治療を行う種類です。成分を摂取するわけではないため、副作用が生じにくいメリットがあります。外用薬は男性と女性で同じ薬を使うこともありますが成分量が違うので、医師の指示に従って塗ることが大切です。

最近注目されている治療方法として、注射薬が挙げられます。有効成分を頭皮に直接吸収させるため、内服薬や外用薬よりスピーディーに高い効果を得られます。この治療方法を「育毛メソセラピー」と呼び、効果を実感しているFAGA患者が非常に多いです。

「HARG療法」の場合は人間の細胞の元になっている幹細胞から成長因子やタンパク質を抽出して、頭皮に注入します。幹細胞へ大きな刺激を与えて発毛を促すため、FAGAの根本的な解決となります。

食事から見直そう!育毛に効果的な栄養成分とは

体は生きていくために必要な部分から栄養を分配していきます。髪の毛は優先順位が低いため、十分な栄養を摂取することが大切です。さらに、栄養バランスの整った食事にするだけではなく、髪の毛に有効な成分を食事から積極的に摂取しましょう。

髪の毛の主成分である「タンパク質」は、FAGAの改善に必要不可欠な栄養成分です。肉・魚・卵・大豆製品からタンパク質を摂取すれば、丈夫で抜けにくい髪の毛が育ちます。カロリーが気になる人は、魚なら低カロリーで多くのタンパク質を摂取できます。タンパク質の合成をサポートする「亜鉛」を摂取したい時は、魚介類や海藻類が便利です。

その他に頭皮環境を整える「ビタミンB郡」、毛母細胞の細胞分裂を正常化する「ビタミンA」、血管や頭皮を丈夫にする「ビタミンC」がFAGAに有効な成分として挙げられます。ビタミンB郡は卵・大豆製品・マグロやカツオなどの魚介類、ビタミンAは緑黄色野菜やレバー、ビタミンCは果物や野菜全般に多く含まれています。

頭皮のフケやかゆみに悩んでいる人は、ナッツ類や魚介類に含まれる「ビタミンE」が効果的です。雑菌の繁殖を防いでくれるので、健康的な髪が育ちやすい頭皮を作ることができます。最近注目されているのは、大豆製品に多く見られる「イソフラボン」です。イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするため、育毛を促してくれます。

FAGA(女性男性型脱毛症)まとめ

FAGA(女性男性型脱毛症)は、AGAと違って髪全体が薄くなっていきます。しかし、女性ホルモンには髪の成長を促す効果があるので、FAGAが3型まで進行しても髪がなくなることはありません。FAGAは女性ホルモンの減少に大きな原因があり、毛母細胞が消滅する前に早期治療を行うことが大切です。

特に40歳以上の女性は女性ホルモンの分泌量が減ってFAGAを発症しやすいので、気を付けてください。早く治療すれば他の人にばれない、好きなヘアスタイルを楽しめるといったメリットもあります。

規則正しい生活習慣を心掛け、髪に必要な成分を摂取することがポイントとなります。全ての栄養素を食事で摂取するのが難しい時は、サプリメントを服用するのが得策です。

医師に相談すると適切なサプリメントを教えてくれるので、不足している栄養成分を補給できます。1人で悩み過ぎず、必要であれば医療機関を利用しましょう。