薄毛にお悩みの女性必見!薄毛が目立たない髪型紹介! | 女性の薄毛対策ラボ

薄毛にお悩みの女性必見!薄毛が目立たない髪型紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛にお悩みの女性必見!薄毛が目立たない髪型紹介!

女性の薄毛
薄毛にお悩みの女性必見!薄毛が目立たない髪型紹介!

薄毛に悩む女性にとって、外出の際のヘアスタイルは悩みの種です。どんな髪型にすれば目立たなくなるのか、気になっていると思います。髪のボリュームが少ないと、服装に気を使っていても年齢以上に老けて見えてしまう可能性もあるからです。ヘアスタイルが気になってしまって、積極的に外出する気分になれない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は薄毛が目立たなくなる上、時間がなくてもできる髪型の簡単ヘアレンジをいくつかご紹介します。

女性の薄毛 初期症状時の簡単ヘアアレンジ

女性の薄毛の場合、初期症状としては髪の分け目が目立つようになってきたと感じる人が多いようです。この場合は、髪の分け目を普段と変えてみましょう。これだけでも見た目の印象が変わってきます。

分け目の場所を変えるだけでもいいのですが、正面から見て真っ直ぐではなく、斜めになるように分け目を作ると、髪の根元が立ち上がりボリュームが出ます。また、分け目を直線ではなくジグザグにすると、地肌が見えにくくなります。

髪の毛全体のボリュームが少なく、アレンジしづらいと感じている人にはアップスタイルもおすすめです。最初に髪を一つに束ねてから毛束をまとめていくのですが、最初に髪を結ぶ際にきつくしてしまうと、頭頂部やサイドの髪の毛のボリュームが無くなってしまいます。少し緩めにして、髪がペタッとならないように注意が必要です。結んだ毛束をアップにする時には、逆毛を立てるかコテで巻いて髪にボリュームを出しておくと髪の毛の量が少なくても貧相にならず、きれいなアップスタイルに仕上がります。

前髪が長い女性には、ポンパドールもおすすめです。ポンパドールは前髪にボリュームを出したスタイルで、束ねた前髪を後ろの方へ持っていき頭頂部の辺りで留めます。前髪から頭頂部にかけてボリュームを出すことができるので、頭頂部の薄毛が目立ちにくくなります。髪をまとめてピンで留めるだけなので、急な外出などの時間がない時に、最適なアレンジ方法です。

年齢別 女性の薄毛対策におすすめの髪型

女性は髪型で薄毛の対策をすることができますが、年齢によって似合う髪型は違います。そこで年齢別に、どんな髪型が似合うのか紹介していきます。

まず20代の場合ですが、高めの位置でのアップスタイルや編み込みなど、華やかなものが似合います。髪をまとめる際に手ぐしでザックリまとめるとボリュームのある「ゆるふわ」スタイルができます。髪にボリュームを持たせることができるので、薄毛が目立ちにくくなります。先ほど紹介したポンパドールも、20代なら老けた印象にはならずにアレンジできます。

次に30代ですが、20代の頃に比べて、髪にハリやコシが無くなってきたと感じている人も多いのではないでしょうか。20代の時と同じ髪型にしても、仕上がりが違ってきてしまうのはそのためです。30代の場合、髪の毛全体のボリュームを増やすことが必要なので、コテで巻いたりパーマをかけたりすると良いでしょう。ただし大げさなパーマにはせず、30代はあれこれアレンジするよりも、自然な髪型を意識する方が良いでしょう。

最後に40代以上の方ですが、20代や30代と同じようにアレンジしようとすると、かえって老けて見えてしまう可能性があるので注意が必要です。さらに、この年代になると薄毛で悩む人がぐっと増えます。前髪を下ろした状態だとボリュームの無さが目立ってしまいますので、軽く横に流すか、根元を立ち上げるようにアレンジすると、薄毛が気になりません。前髪にボリュームがあると頭頂部も目立ちづらくなるので、おすすめです。

女性の部位別 薄毛対策におすすめの髪型

女性の薄毛とひとくちに言っても、様々な症状があり、悩んでいる箇所は人によって違います。そのため髪型で対策をする場合には、気になる部位別に合った髪型をすることが大切です。

まず女性に多い悩みといえば、頭頂部の辺りが薄くなり分け目が目立ってしまうケースです。分け目を工夫することでも解消できますが、それでも気になる場合にはターバンなどを使用して隠してしまうのも良いでしょう。ターバンといっても頭全体を覆うのではなく、カチューシャのように使うことで、普段使いのアイテムとして気軽にアレンジできます。おしゃれなスカーフなどを使用すれば、甘くなりすぎないので、年齢を気にすることなくヘアアレンジを楽しめます。

頭頂部以外では、生え際が気になるという人もいると思います。生え際が気になる人にとって、前髪を上げることは抵抗があると思いますので、下ろしている場合が多いのではないでしょうか。ただ前髪の量が少ないと、髪の毛全体にボリュームがないように見えてしまいますし、前髪の隙間から地肌が見えると、薄毛の印象を持たれてしまいます。前髪はコテやカーラーで巻き、根元を立ち上げふんわりとさせて、ボリュームを出しましょう。

前髪の量の少なさが気になる場合には、美容師に相談して、後ろ髪側から前髪側に毛を分け、前髪と同じ長さにカットしてもらいましょう。前髪の範囲を増やし、前髪を厚く量を増やす事で、薄毛の印象を軽減します。

また、前髪を長く伸ばして大きく横に流すような髪型は、おでこの部分にできた分け目を目立たせてしまう可能性があるので、生え際が気になっている人にはおすすめできません。横に流す場合は、少しおでこが見える程度にしましょう。

髪の長さ別 女性の薄毛対策におすすめの髪型

女性の髪型を決める上で、髪の毛の長さは重要です。薄毛に悩んでいる女性は、どんな長さにすればよいか気になっていると思います。そこで長さ別に合った髪型をご紹介します。

薄毛対策として一番おすすめなヘアスタイルはショートカットです。髪の毛が長いとどうしても髪の毛の重さで、髪の毛が抜けやすくなってしまうからです。

髪の毛にボリュームがないとショートカットは似合わないのではないかと考えている人も多いと思いますが、ショートカットでも工夫すれば、髪に負担をかけることなく薄毛も目立たない髪型にできます。髪の毛を短くすることで、今まで下に引っ張られていた髪が正しい方向に生えてボリュームが戻る場合もあります。また、パーマをかけることで髪にボリュームを持たせることもできるので、セットするのも簡単です。簡単なアレンジだとサイドや前髪をねじってヘアアクセサリーで留めれば、ボリュームも出て薄毛も目立ちません。

とはいえ、ロングヘアーが好きで、髪を切りたくないという人もいると思います。その場合でも工夫をすれば、髪型で薄毛を目立たなくさせることができます。セミロングからロングの人はその長さを生かしてアレンジしたり、ショートカットの人と同様にパーマをかけてボリュームを持たせたりすることで、気になる部分が目立たなくなります。パーマをかけておくとアップスタイルにした時にも毛先にボリュームが出ますし、一つに結んだ時でも寂しい印象になりません。

それでも薄毛が気になる女性におすすめのグッズ

髪型を工夫しても、やはり薄毛そのものが解消された訳ではないので、気になってしまうという人もいるでしょう。女性用の対策グッズも数多く販売されているので、いくつかご紹介します。

まず最初に紹介するのは、増毛スプレーや増毛パウダーと呼ばれるものです。これは気になる部分にスプレーやパウダーを振りかけることで、髪の量が増えたように見え、薄毛が目立たなくなる効果が期待できるものです。シャンプーで簡単に落とせる手軽なものから、固定スプレーでしっかりと固め、落ちにくくするものまで、幅広いラインナップがあります。実際に髪の毛の量が増える訳ではないので、外出時など必要な時だけ使用する人が多いようです。

もっとしっかりと髪にボリュームを出したい人にはウィッグがおすすめです。ウィッグとはカツラの事ですが、頭全体に被るようなものではなく、部分的に着けられるものがあります。頭頂部や分け目など気になる部分に着けると、髪のボリュームが増えたように見えます。ウィッグを装着している部分以外は自分の髪の毛を生かせるので、とても自然な仕上がりになります。

時間がない時や、道具を使うのが嫌な人は帽子がおすすめです。被るだけで気になる部分をカバーできるので、自分に似合う帽子を見つけて用意しておくと、急な外出で髪をアレンジする時間がない場合も、すぐに出掛けられます。また、帽子はUV対策としても有効なアイテムです。

薄毛に繋がってしまう髪型とは

髪型によって薄毛をカバーすることはできますが、隠したいあまり髪に負担をかけるような髪型にしてしまうと、かえって薄毛を促進させてしまう可能性があります。

例えば、自分にとってアレンジしやすい髪型や良く見える髪型を見つけると、ずっとその髪型を繰り返してしまうという人は注意が必要です。髪の毛が毎回同じ方向に引っ張られるため、毛根に負担が掛かり抜けやすくなってしまいます。

髪の毛の分け目を変えないのも同じことで、いつも同じ分け目だと見えている地肌もいつも同じになってしまいます。するとその部分だけ日焼けしやすく、外気にさらされているので、他の部分に比べて地肌が傷みやすくなります。地肌が傷むとそこから生えている髪の毛が抜けやすくなったり、生えづらくなったりするので、髪の毛の分け目から薄毛が進行していきます。

また、一つにまとめて結ぶ髪型も髪の毛に大きな負担を掛けます。髪を結ぶ際にどうしても髪の毛が引っ張られてしまいますし、一か所に髪が集まることで重さが集中してしまいます。髪が長ければ長いほど重くなるので、アップスタイルにして重心を上にげたい場合は、一つではなく二つにわけて結ぶなど、日々髪型を変えていくのが良いです。

パーマやカラーも地肌や髪の毛に負担を与えてしまうので、頻繁に行うのは避けましょう。薄毛に悩んでいる女性の場合は、髪の毛にボリュームを出すためにパーマをかける人も多いと思いますが、その際は美容院で同時にトリートメントを行うなどして、髪の毛のケアをしっかりと行いましょう。

薄毛にお悩みの女性必見!薄毛が目立たない髪型まとめ

女性の薄毛の悩みは、アップスタイルやポンパドールなど、ボリュームを出す髪型をすることで目立たなくすることができます。20代はボリュームのある華やかなスタイルで目立たなくすることができますが、30代や40代が真似してしまうと逆効果になってしまう可能性があるので、年代に合った自然な髪型を意識することが大切です。

また、気になる場所によっても髪型は注意しなければなりません。頭頂部が気になる人は分け目を工夫し、生え際が気になる人は前髪を工夫しましょう。

さらに髪の長さによっても頭皮へのダメージは変わってきます。薄毛対策にはショートカットがおすすめです。ロングにしたい人は髪に負担を掛けないよう注意してください。

髪型でカバーすることもできますが、それでも心配な人は増毛スプレーやウィッグを使って髪型をアレンジするのも良いでしょう。しかし気に入った髪型を見つけても毎日同じにはせず、地肌や髪の毛に負担を掛けないよう髪型を変えることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加