自毛植毛と人工毛植毛の違い | 女性の薄毛対策ラボ

自毛植毛と人工毛植毛の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自毛植毛と人工毛植毛の違い

女性の薄毛
自毛植毛と人工毛植毛の違い

気になる薄毛を早く改善するために、植毛という方法を選択する人も多くいます。
植毛には大きく分けて自毛植毛と人工毛植毛という2つの種類があり、それぞれ特徴や価格、施術後のメンテナンスなどが大きく変わってきます。
薄毛の種類によって向き不向きもあるので、植毛を検討している方なら、両者の違いについてしっかりと把握しておきましょう。

自毛植毛とは

自毛植毛とは、自分自身の髪の毛を、まだ髪が残っている部分から薄毛が気になる部分に植毛するという方法です。髪が残っている部分から薄くなっている部分へ、毛穴ごと髪を移します。

自毛植毛は自分自身の髪を移植するため、拒絶反応の心配が少ないというメリットがあります。施術後の頭痛やかゆみに悩まされるリスクは少ないと言っていいでしょう。また、元は自分の髪のため、自然な仕上がりになるのも嬉しいポイントです。

自毛植毛は毛穴ごと髪を移植するため、定着すれば通常の髪と同じように髪が成長していきます。毛周期に合わせて髪が伸びたり抜けたりする自然なサイクルを繰り返すようになるので、自由にヘアスタイルを楽しむことができるのも魅力の一つです。特に女性にとっては嬉しいメリットと言えるでしょう。

継続的なメンテナンスが必要ないのも大きな特徴です。薄毛の影響を受けにくい箇所から髪を移植しているので、将来的にまた薄毛になってしまう、といった心配も少なくなります。

しかし自毛植毛は施術後、髪が生えそろうまで半年から1年ほどの期間が必要になります。即効性のある方法ではない点は覚えておかなければなりません。

また、自分の髪を薄くなった部分に植えるという性質上、髪の本数が増える訳ではない点にも注意しましょう。特に広い範囲が薄毛になっていると、髪の密度が足りず、まばらな状態になってしまう点にも場合によっては注意が必要です。

人工毛植毛とは

人工毛植毛とは、ナイロンやポリエステルなどの合成繊維でできた人工の髪を、頭皮に植えていく施術方法です。人工毛植毛の特徴は、施術を受けてすぐに効果を得られるという点です。自毛植毛の場合、植えた髪が定着するまでにはある程度の期間を必要とし、その間は見た目も不自然になってしまいます。しかし人工植毛は既に伸びた状態の人工毛を移植するので、施術を受けたその日から髪が生えた状態になります。

また自分の髪を毛穴ごと採取して移植する自毛植毛では、1回の施術で植えることができる髪の量には限界があります。その点人工毛植毛では、髪の量を気にすることなく植えていくことができるのです。したがって薄毛の範囲が広くとも、頭髪全体の状態に合わせてより自然なスタイルを実現することが可能です。

人工毛植毛のデメリットとして挙げられるのが、伸びることがないという点です。人工毛は自然のものではないので、定着したとしても伸びたり新しく生えてくることはありません。人工の毛なので、見た目に不自然さを感じてしまう、ということもよくあります。また施術後も定期的なメンテナンスを行っていく必要があるため、そのための費用も必要となります。伸びる訳ではないのでヘアスタイルを自由に変えることはできません。

即効性はあるが薄毛を根本から解決できるわけではない、というのが、人工毛植毛の大きな特徴と言えるでしょう。

自毛植毛と人工毛植毛の違いとは

自毛植毛は、髪がある箇所から薄くなった箇所へ、毛穴ごと髪を移動させる施術です。そのため1回に植えられる毛の量はどうしても少なくなりますし、頭皮に傷も生じます。しかし一度自分の髪として定着してしまえばメンテナンスが不要で、自然と伸びていくため髪形も自由に変えることが可能です。

一方の人工毛植毛の場合、1回に植えられる毛の量は多く、頭皮の傷はほぼないと言っていいでしょう。ただし通常の髪のように伸びる訳ではないので、ヘアスタイルには制限が生じます。また定期的なメンテナンスも必要です。

手術時間の違いについても押さえておきましょう。自毛植毛では、毛髪の採取や株分けといった手順が必要になるため、手術全体では3時間半から6時間、場合によってはそれ以上の長い時間がかかります。対して人工毛植毛は毛髪の採取が必要ないため、その半分以下の手術時間で済みます。

費用についてはどうでしょうか。クリニックや植える毛の本数などによっても変わってきますが、同じような条件で比較すると、手術での手順が増える分、自毛植毛の方が1回辺りの手術費用は高くなります。ただしこれはあくまで手術だけの費用です。一度定着すればメンテナンスが不要の自毛植毛と違い、人工毛植毛は定期的なメンテナンスをしなければならず、そのための費用が必要となります。そのため、トータルの費用で比較すると人工毛植毛の方が費用がかかってしまうことになります。

自毛植毛と人工毛植毛の選び方

自毛植毛と人工毛植毛、どちらを選択するかは悩ましいポイントです。どちらにもメリットデメリットがあるので、それを比較し検討することが選び方の基本となります。

単純にどちらにするか悩んでいるのであれば、自毛植毛をおすすめします。自然な見た目になりますし、植毛後のメンテナンスフリーは魅力です。また継続的な治療が苦手だという人も、一度の手術で薄毛が解消できます。1回当たりの手術費用は人工毛植毛に比べると高くなりますが、将来的なメンテナンス費用が必要ないのでトータルで考えると費用を抑えることができます。

なにより自毛植毛では自分の髪を植えるので拒絶反応の心配もありません。定着すれば髪が自然と生えてくるという大きなメリットもあります。女性にとってヘアスタイルを自由にできるというのは大きな魅力の一つと言えるでしょう。

ただし、自毛植毛は自分の毛を使うので、どうしても植毛の範囲が限られています。そのため薄毛の進行度合いによっては、植えるための髪が採取できず、自毛植毛では対応しきれないことがあるのです。そういった場合は人工毛植毛を選択するといいでしょう。薄毛の範囲が広くとも毛を植えることが可能です。

また自毛植毛に比べると手術時間が半分以下で済むので、長時間の手術が耐えられない、という人にも向いています。すぐに植毛の効果を得たいという人にも人工毛植毛がおすすめです。

気になる自毛植毛と人工毛植毛の副作用

自毛植毛、人工毛植毛どちらにも副作用が存在します。施術を受ける前に十分確認し、理解しておくことが必要です。

自毛植毛の副作用として挙げられるのが、毛を採取するためにできる傷や刈り上げです。採取する毛の量が増えればそれだけ傷が大きくなったり、刈り上げる部分が増えたりします。ただこれらは髪を伸ばしていれば目立たないので、必要以上に心配することはありません。

この他の副作用として、ショックロスと言われるものが存在します。これは術後1~2ヶ月後に、植えた毛の周辺にある既存の髪が抜け落ちてしまう現象のことです。全ての人に起こる訳ではありませんが、知っておきたいポイントです。

一方の人工毛植毛で気を付けたいのが、拒絶反応です。人工毛は自分の髪ではないので、体が異物と判断して拒絶反応が起こり、せっかく植えた人工毛が抜け落ちたり、皮膚トラブルが起こることがあります。

また人工毛は伸びることがありません。本来髪は伸びることでゴミや皮脂、ホコリなどを押し出し、頭皮を清潔に保つ機能が備わっているのですが、人工毛はこの働きができません。そのため、細菌が繁殖し頭皮環境が悪化することがあるのです。

最悪の場合人工毛はおろか元々あった健康な髪まで抜け落ちてしまう危険性もあるため、十分注意が必要です。また、根元部分から人工毛が切れ、皮膚の中に根元部分だけが残ってしまうことで、そこから細菌が入り込んで炎症やただれを引き起こすケースもあります。

人気の植毛施術方法

自毛植毛にはさまざまな施術方法があります。中でも有名なものをいくつかご紹介します。

まずはFUT法です。FUT法は、アメリカや日本でも多く用いられている、自毛植毛の一般的な施術方法です。メスを使って皮膚ごと毛根を切り取り、移植していく方法です。傷が残ってしまう可能性が高くなるものの、多くの髪を移植でき、毛根の切断率が低いというメリットがあります。定着率も高いため、人気の施術方法です。

続いてFUE法はメスを使わない植毛施術です。パンチと呼ばれるくりぬき器具を使い、穴をあけることで髪の採取を行います。小さな穴があくだけで済むので、傷が残ったりかさぶたが治らないといった心配がありません。ただし毛を採取する際に毛根を切断してしまう可能性が高くなるため、医師の技術が必要になる施術方法です。

マイクログラフト法は、直径1ミリほどの円形メスを使って髪を採取し、株分けの後専用のニードルで1本ずつ髪を植えていく施術方法です。より細かい植え付けが可能になり、傷跡が目立ちにくい上自然な仕上がりにすることができます。ただし細かい調整が可能なだけにスタッフの技術力が必要であり、施術時間も長時間になるというデメリットがあります。

単一植毛法は、採取した髪を針を使って1本1本植えていく方法です。近年では、髪は1本ずつではなく、2~3本ずつ植えた方が定着率は高まることが分かっており、単一植毛法は定着率が低いと評価されています。しかも針の構造上植込みが短くなってしまうため、最近ではあまり用いられなくなった施術方法です。

自毛植毛と人工毛植毛の違いまとめ

自毛植毛と人工毛植毛には、様々な点で違いがあります。自毛植毛は自分の髪を移植するため拒絶反応の心配がなく、定着すれば通常の髪のように生えてくるというメリットがあります。とはいえ髪の本数そのものが増える訳ではないので、薄毛があまりに進行していると対応しきれません。

そんなときは人工毛植毛を検討することになります。こちらは植えられる髪の本数に制限がないため、広範囲の薄毛にも対応することが可能です。ただし拒絶反応の可能性があり、将来に渡ってメンテナンスが必要になるなど、気を付けたい点も多い施術方法となっています。

せっかく施術を受けるのであれば、両者をより比較検討し、自分に合った施術方法を選ぶことが重要です。自分の髪を使って自然なヘアスタイルを楽しみたい女性は、人工毛植毛がオススメです。いずれにしても早めの治療が大切なので、まずは勇気を出して薄毛治療クリニックのカウンセリングを受けてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加