女性の薄毛「FAGA」とは | 女性の薄毛対策ラボ

女性の薄毛「FAGA」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の薄毛「FAGA」とは

女性男性型脱毛症(FAGA)とは?
女性の薄毛「FAGA」とは

薄毛や抜け毛で悩んでいる女性の中には、誰にも相談することができずに一人で悩んでいるという人も少なくありません。AGAは「男性型脱毛症」のことを言い、CMなどでもたびたび目にすることがあります。しかし、「女性男性型脱毛症」と呼ばれているFAGAに関しては、男性のAGAと比較してみると、それほど認識されていないというのが現状です。

今回は、FAGAとAGAの違い、FAGAの原因や症状、治療方法などを中心に解説していきます。

そもそもFAGAとは

FAGAは“Female Androgenetic Alopecia”の略で、「女性男性型脱毛症」とよばれる症状です。しばしば混同されがちなFAGAとAGAですが、原因や脱毛のパターンは異なり、FAGAは女性特有の薄毛症として区別されています。

薄毛に悩んでいる女性は年々増加傾向にあり、国内では600万人いるともいわれています。女性は丁寧なヘアケアを行っている人も多いことから、薄毛や抜け毛の症状があらわれた時のショックは非常に大きいものであると考えられます。一人で悩みを抱え込んでしまう人も少なくありません。

女性の薄毛「FAGA」と男性の薄毛「AGA」の違い

女性のFAGAは、加齢によるホルモンバランスの乱れが主な原因と言われています。更年期を迎えて女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少すると、男性ホルモンが過多となり、薄毛や抜け毛を引き起こします。女性ホルモンであるエストロゲンは“美のホルモン”とも言われ、髪を育てる働きがあります。つまり、女性ホルモンの分泌が盛んに行われていれば、FAGAを発症することはほとんどないといえるでしょう。

一方、男性に見られるAGAの脱毛部分には、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種が確認されています。ジヒドロテストステロンはヘアサイクルの成長期を短くし、髪の成長そのものを阻害する原因物質と考えられています。AGAではこの物質が直接的な原因となって、抜け毛や薄毛が進行し、全体的な薄毛を引き起こすことにつながっています。

女性の薄毛(FAGA)の原因

前項でご紹介した通り、FAGAは加齢などで女性ホルモン(エストロゲン)が減少することによって起こります。女性ホルモンが減少すると、体内全体のホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位になることでFAGAが起こるといわれています。

しかし、FAGAの原因は女性ホルモンの減少に限ったものではありません。ストレスや極端なダイエット、間違ったヘアケアなども脱け毛につながる原因として挙げられます。また、運動不足や過度な飲酒、喫煙なども薄毛の原因になるといわれています。さらに、食生活の乱れもホルモンバランスの乱れにつながることがあり、ファストフードや外食中心の食生活を続けていると、髪の成長のためには良くありません。

抜け毛・薄毛が気になる女性は、日々の生活習慣が薄毛の直接的な原因となっている可能性があるため、今一度毎日の生活のあり方について見直してみることをおすすめします。健康的な髪の維持のために必要なタンパク質や鉄分などが、食事からしっかりと摂取できているかどうかをチェックしてみましょう。

女性の薄毛(FAGA)の症状

女性特有の薄毛とされるFAGAの症状は、男性のAGAとは異なり、頭全体の髪の毛が抜け落ちてしまうようなことはありません。FAGAの主な原因となる女性ホルモン(エストロゲン)の減少は、年齢とともに起こります。
年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量は減少していきますが、しかし、だからといって女性ホルモンが全く分泌されなくなってしまうことはありません。そのためFAGAの症状では、「髪全体が細く弱々しく見え、全体的に薄くなる」という表現が適しているといえます。

FAGAの初期段階では、以前よりも抜け毛の量が増えたり、分け目が広がってきたりしていると感じる人が多いようです。その後、症状が進むにつれて全体的に薄毛が気になるようになり、頭頂部が透けてくるといった症状が現れてきます。

女性の薄毛(FAGA)の種類や特徴と治療方法について

FAGAは、症状の程度によって3種類の型に分類されます。症状が最も軽いものは「Ⅰ型」と呼ばれ、頭頂部が全体的に薄くなった状態を指します。そこからさらに脱毛の範囲が拡大した状態を「Ⅱ型」、脱毛症の症状がかなり進行した状態を表した型を「Ⅲ型」と呼びます。

FAGAはそのまま放っておくと進行してしまう可能性が高い症状です。症状を少しでも改善するためには、適切な治療を行うことが大切です。FAGAの治療といえば、内服薬・外用薬・注射薬の使用があげられますが、これらの治療は薄毛治療専門のクリニックを受診することで受けることができます。

もしまだ症状が軽く、クリニックに行く勇気が出ないという方は、自宅で簡単にできる治療方法から始めてみましょう。育毛剤の使用のほか、食生活の改善や規則正しい生活を送ることでも、FAGAの改善は期待できます。

ただ、FAGAをはじめとする薄毛治療は、早めに対策をすることが進行を抑えるカギとなります。無料でカウンセリングを受けられるクリニックも多いので、髪のボリュームが気になりだしたら、一度クリニックを訪れてみることをおすすめします。

女性の薄毛「FAGA」まとめ

FAGAは女性ホルモンの減少が主な原因となって起こるため、若い頃に症状が現れることはあまりありません。しかし、不規則な生活や食生活の乱れ、過剰なダイエット、ストレスなど、普段の生活習慣が大きく影響してFAGAが起こる場合もあります。このような場合には、更年期を迎える前の女性であってもFAGAが進行してしまうことがあります。

薄毛や抜け毛の症状で悩みを抱えている方は、まず生活習慣を見直してみてください。さらに、それに加えてクリニックでのカウンセリングを受けることをおすすめします。FAGAは放っておくと進行してしまうので、できれば早めに専門的な知識と技術のあるクリニックを訪れ、適切な治療を受けるようにしましょう。