自毛植毛(FUE法)とは | 女性の薄毛対策ラボ

自毛植毛(FUE法)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自毛植毛(FUE法)とは

女性の自毛植毛治療
自毛植毛治療(FUE法)とは

薄毛治療法のひとつ「自毛植毛」は、自分の髪の毛を直接薄毛の部分に移植するものです。毛根ごと植毛した毛髪は頭皮に定着して、その後も成長することができるため、薄毛に悩む人にとっては効果的な治療法となっています。

今回は、自毛植毛の中でも人気が高いFUE法を中心に紹介していきます。FUE法の特徴や、どんなメリットやデメリットがあるのか、もうひとつの自毛植毛治療法であるFUT法との違いなどについて解説します。自毛植毛に関する正しい知識を身につけて、自分に合った治療方法を見つけましょう。

自毛植毛「FUE法」とは

自毛植毛技術のひとつであるFUE法は、メスを使うことなく毛根を移植する方法です。

自毛植毛では、ドナー(植毛するための髪)を毛根ごとくり抜きますが、FUE法ではその際にメスではなく医療用パンチを使用します。細いパンチでドナーを採取するので、皮膚を切る必要がないというのが大きな魅力です。直径1mm程度のパンチを使用し、毛穴の奥にある毛包単位でくり抜くため、大きな傷痕が残ることもありません。FUE法では一度に採取できる株の量が限られているので、女性の薄毛のように、植毛する範囲が狭い場合に向いている治療法です。

FUE法とFUT法の違い

自毛植毛治療には、メスを使わない「FUE法」と、メスを使用する「FUT法」の2種類があります。2つの違いについて、簡単にご説明します。

FUE法

FUE法はメスを使わずに株を切り取り、植毛する方法です。皮膚を切らずに細いパンチでドナーを採取するため、傷痕が目立ちにくいというのが大きな特徴です。FUE法では一度に採取できる株数に限界があり、植毛範囲が広い男性の薄毛治療には適さない場合もありますが、女性の薄毛治療には非常に有効な方法です。毛根へのダメージが少なく手術時間も短いので、女性におすすめしたい自毛植毛方法です。

施術費用はクリニックによって違いがありますが、基本的には移植する株の量で金額が変わってきます。FUE法による自毛植毛は非常に繊細な施術で、高度なテクニックも求められるため、一般的にFUT法よりもFUE法の方が高額になっています。

FUT法

FUT法は、後頭部の毛髪を皮膚ごと切り取って移植する方法です。FUT法は世界的に広く普及している治療法で、植毛の定着率はFUE法よりも高いといわれています。また、一度に切り取れる範囲が広く、広範囲に移植できることもFUE法との大きな違いとなっています。

ただ、メスを使って皮膚を切り取るので、術後は縫い目が傷痕として残りますし、術後の回復にもそれなりの日数を要します。手術中は麻酔をするので痛みを感じることはほとんどありませんが、手術時間は長くかかります。治療にかかる費用はFUE法に比べて抑えられますが、傷が目立ちやすいため女性にはあまりおすすめできない治療法です。

FUE法・FUT法にかかわらず、自毛植毛はどちらも保険適用外となります。薄毛の症状や目指したいヘアスタイルによって植毛するグラフト数が変わってきますので、治療を受ける前に医師と相談し、費用を明確にしておくことが大切です。

「FUE法」の具体的な治療の流れとは

自毛植毛を行う際には、最初に入念なカウンセリングを行います。カウンセリングでは、頭髪のチェックや植毛する範囲の確認、植毛配分などを決めて治療プランを立てていきます。植毛後に目指したいヘアスタイルのデザインもこの時点で相談しながら決めていきます。手術後に後悔することのないように、不安な点や疑問に思ったことはしっかり確認しておきましょう。

もちろん、カウンセリングを受けたからといって、必ず自毛植毛をしなくてはならないわけではありません。事前にメール相談に応じてくれるクリニックもありますので、クリニックに行く勇気が出ない方は、まずはメールなどで問い合わせてみるのもおすすめです。

カウンセリングで詳細が決まったら、いよいよ自毛植毛手術を受けます。当日は手術を始める前に、ドナーを採取する範囲をバリカンで1mm程度の長さに刈る前処置を行います。この前処置に抵抗を感じる女性も多いようですが、クリニックによっては髪を刈り上げずに自毛植毛手術を受けられるところもあります。刈り上げることに抵抗を感じるという方は、このような施術が可能なクリニックを選ぶようにしてください。

前処置が終わったら麻酔をして、極細のパンチで毛包単位にくり抜いてドナーを採取していきます。採取した株を移植する際は、植毛する範囲に1~2mmほどの小さなスリット(切り込み)を入れて、自然な仕上がりになるように移植します。麻酔をしているのでスリットを入れるときにも痛みを感じることはほとんどありません。

FUE法による自毛植毛は300~500株で1時間ほど、800~1,000株になると2時間程度の時間がかかるのが一般的です。手術にかかる時間は医師の技術に大きく左右されるもので、中には1時間あたり1,200株以上移植できるほどの技術を持つ医師もいます。クリニック選びの際には医師の技術についても確認してみましょう。

自毛植毛は日帰り手術なので、手術当日はそのまま自宅に帰ることができます。植毛が完了して最終チェックと術後の説明を受けたら、当日の治療は終了となります。クリニックにもよりますが、手術の翌日は、アフターケアのために通院が必要なところも多いようです。手術後のサポート体制についても、手術前に必ず確認するようにしてください。

自毛植毛「FUE法」のメリット・デメリット

FUE法のメリットはメスを使わないことと、縫合の必要がないことです。皮膚を切るのが怖いという人や、女性の薄毛のように狭い範囲の植毛に向いています。また、FUT法と違い、頭皮に張りがある人でも問題なく植毛することができます。傷跡が目立たないというのも、女性にとっては大きな魅力です。

FUE法は術後の回復が早く、ピンポイントでの植毛にも利用できる自毛植毛法です。例えば髪の分け目部分の植毛など、女性特有の薄毛の症状に向いている治療法といえます。

ただし、手術を伴う施術である以上、デメリットもいくつかあります。ひとつは、FUE法であっても若干の傷痕は残るという点です。メスを使わないとはいっても、パンチでくり抜いてドナーを採取するため、どうしても1mm弱程度の穴が残ってしまいます。一般的な女性のヘアスタイルであれば目立つことはほとんどありませんが、術後に髪をベリーショートなどにしてしまうと、傷跡に気づかれてしまう可能性もあります。傷は徐々に目立たなくなっていくので、手術の直後は少し長めのヘアスタイルにすることをおすすめします。

もうひとつのデメリットは、株を採取するときにドナーロスが起こる可能性があることです。ドナーロスとは、ドナー採取の際などに毛根部に傷がついてしまう現象で、ドナーロスが起きた毛根は移植には使用できなくなってしまいます。FUE法ではドナーを一つ一つくり抜いていくため、FUT法に比べてドナーロスも起きやすくなります。ドナーロスの確率を低くするためには医師の技術が不可欠です。信頼できる医師がいるクリニックを選ぶことで、不安を軽減することができます。また、植毛の範囲が広くなるほどドナーロスの確率も高まるため、FUE法は広範囲での植毛には不向きなことを頭に入れておきましょう。

自毛植毛(FUE法)についてのまとめ

FUE法はメスを使わず株を採取するため、縫合の必要がなく、術後も早期回復が見込める治療法です。植毛の定着率はFUT法と比べるとやや劣りますが、手術時間も短く傷跡も目立たないというのがメリットです。広範囲での植毛よりもピンポイントの植毛に向いているため、髪の生え際や分け目などに症状があらわれる、女性の薄毛治療にも適しています。

手術後に多少の傷痕が残ることやドナーロスといったデメリットもありますが、傷跡はヘアスタイルで隠すことができますし、ドナーロスの不安は信頼できるクリニックを選ぶことで軽減することが可能です。薄毛の悩みを解消するために、メスを使わない自毛植毛・FUE法を検討してみてはいかがでしょうか。