女性なら特に気をつけたい自毛植毛クリニックの選び方 | 女性の薄毛対策ラボ

女性なら特に気をつけたい自毛植毛クリニックの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性なら特に気をつけたい自毛植毛クリニックの選び方

女性の自毛植毛治療
女性なら特に気をつけたい自毛植毛クリニックの選び方

薄毛に悩む女性は、男性以上に大きなコンプレックスを感じてしまいがちです。ひどい場合はそれが原因で対人恐怖症やうつ病になってしまうことさえあるほどです。

自毛植毛はそうした悩みを根本から解決してくれる治療法です。しかしデリケートな問題だけに、女性にとってはクリニック選びが非常に重要になってきます。どのクリニックで治療を受けるかによって仕上がりや値段などが大きく変わるため、いざとなると迷ってしまい、なかなか決断ができないものです。

そこで今回は、女性が自毛植毛クリニックを選ぶ際のポイントについて解説します。

自毛植毛クリニックを選ぶ際は自分の軸を決める

女性が自毛植毛クリニックを選ぶ際のポイントはいくつかあり、代表的なものでは、価格、実績、植毛の定着率、手術跡の残り具合、女性の利用者が多いかなどといった点が挙げられます。自宅からの距離やクリニックの雰囲気も大切なポイントです。

ただ、すべての希望を満たすクリニックを見つけるのは簡単なことではありません。そこで重要になってくるのが、自分にとってより重要なポイントは何であるかを考えることです。自分の中でこれだけは譲れないという軸をしっかり定め、それに基づいてクリニックを決めれば、結果に対する納得度も高いはずです。

逆に、その辺りを曖昧にして、「何となく評判がよさそうだから…」などといった理由だけ決めてしまうと、こんなはずではなかったと後悔することにもなりかねません。女性にとって自毛植毛は、今後の人生を左右するといってもいいくらい大きなターニングポイントです。チェックポイントを明確にして、自分に合ったクリニックを選びましょう。

女性のための失敗しない自毛植毛クリニックの選び方!その1「施術の方法」

自毛植毛の出来栄えは医師の腕前はもちろんですが、そこで行われている施術が自分の症状に合っているかどうかによっても大きく変わってきます。自毛植毛法にはメスを使う「FUT法」と、メスを使わない「FUE法」があり、この2つはそれぞれ異なるメリットやデメリットを有しています。

FUT法では、メスを使い髪の毛を皮膚ごと切り取って移植します。毛根を傷付けることがないため、移植した毛髪の定着率は85~95%程度と高めです。一度に多くの毛髪を植毛できるのもFUT法のメリットだと言えますが、その反面、施術の傷跡が残りやすいのがデメリットです。

一方FUE法では、ドナーとなる毛髪を小さな束でくり抜いていきます。メスを使わないため身体への負担が小さく、傷跡が目立たないというのが最大のメリットです。ただ、広範囲の皮膚ごと切り抜くFUT法に比べて、1回に植毛できる本数が少なく、定着率も70~80%と低めだというのが難点です。高度な技術が必要なため、FUT法に比べて費用も高額になります。

男性の薄毛のように広範囲に移植したい人はFUT法が向いていますが、女性の薄毛治療のように移植する範囲が小さく、なるべく傷跡を残したくない場合はFUE法をおすすめします。FUE法では、髪を刈り上げない治療法があるというのも嬉しいポイントです。

このように、施術方法はクリニックを選ぶ上での大きなポイントになります。そのため、受けられる施術に関しては事前にWebサイトなどで確認しておきましょう。もし掲載されていなければ、クリニックに直接問い合わせてください。

女性のための失敗しない自毛植毛クリニックの選び方!その2「サポート体制」

女性にとって薄毛の悩みは深刻な問題であり、自毛植毛の施術をする際には大きな不安を覚えるものです。自毛植毛では、施術をしたから終わりというわけではなく、植毛の効果が確認できるようになるまで半年ほどの期間が必要となります。そのため、長期に亘ってサポート体制がしっかりしているクリニックを選ぶことが大切です。できるならば、施術前には納得できるまでカウンセリングを受けられ、施術後も何かあればすぐにサポートをしてもらえるクリニックを選ぶようにしてください。

多くのクリニックでは無料のメール相談や電話相談、カウンセリングなどを行っているので、まずはそれらを利用して自分の不安や悩みを打ち明けてみるのもおすすめです。その結果、対応が丁寧で納得のいく回答をしてくれるところであれば、信頼度の高いクリニックだと言えます。逆に、回答が曖昧だったり、横柄な態度を取ったりするクリニックは注意が必要です。

さらに、施術後のサポート体制も確認しておきたいところです。自毛植毛では、手術からしばらく経ったころに一時的に髪が抜けることがあります。これは正常なヘアサイクルの一環によって起こるものですが、せっかく移植した髪が抜けてしまうことで、不安になってしまう女性も少なくありません。

このように手術後に気になる点があったとき、気軽にカウンセリングが受けられるかどうかというのも重要なポイントになります。カウンセリングが受けられるとしても、クリニックによっては有料になる場合があるので、アフタアーケアに伴う追加料金については事前に確認しておくことが大切です。サポート情報についてはWebで確認できるはずですが、もし掲載していない場合は直接問い合わせるようにしましょう。

失敗しない女性のための自毛植毛クリニックの選び方!その3「専門性の高さ」

ひとくちに自毛植毛のクリニックと言っても、中には美容整形全般を扱っていて、その一部として自毛植毛を行っているケースもあります。そのようなクリニックの中には、診療できる範囲が広いために、かえって各分野のスキルが低いところもあります。広く浅く様々な治療を行っているクリニックでは、自毛植毛の経験が少なく、技術力をもっていない可能性があるのです。

そんなクリニックを選んでしまうと、手術後に目立つ傷跡が残ってしまったり、髪の毛の密度が不十分で不自然なヘアスタイルになってしまったりする恐れもあります。せっかく自毛植毛治療を受けるのであれば、専門的な知識とスキルをもつ薄毛治療専門のクリニックを選ぶことをおすすめします。

また、自毛植毛と人工毛植毛を並行して行っているクリニックも注意が必要です。人工毛植毛の方が得意なクリニックだった場合、自毛植毛を行うつもりだったのに、人工毛植毛を強引にすすめられてしまうような場合があります。

人工毛植毛はすぐに見た目の毛量を増やせるというメリットがありますが、拒絶反応のリスクも高いため、あまりおすすめできる治療法ではありません。自毛植毛を行うのであれば、しっかり症例数や診療内容を確認した上でクリニックを選ぶことが大切です。Webサイトや電話などで事前確認を行い、自毛植毛に関する高い技術をもっているクリニックを見つけましょう。

女性なら特に気をつけたい自毛植毛クリニックの選び方まとめ

自毛植毛のクリニックを選ぶ際に特に重要なのは、施術の方法、サポート体制、専門性の高さです。この3点を押さえていれば、手術後に後悔することは少ないでしょう。後はこれに自分のこだわりポイントをうまくプラスして、いかに満足度を高めていくかです。自毛植毛後の仕上がりを大きく左右するだけに、クリニック選びは女性にとって特に気をつけたい点です。この記事を参考に、自分に合ったクリニックを探していきましょう。